新規集客が出来ないと悩んでいる

取材実行!美容室と整骨院のコラボ企画誕生秘話について!?

先日、フェイスブックのニュースフィードを眺めていると、私のお客様である美容室が、整骨院とのコラボ企画を告知していた事を知りました。とても面白そうな企画だったので、即日アポを取り、誕生秘話を取材。取材中3つの提案をサロン集客ヘルパーとして実施!

リピート集客に力を入れたい

焼き鳥居酒屋から学ぶ!心温まる手書き看板とは?

あなたの美容室・エステ・ネイルサロンでは、手書き看板は何日に1回書き換えていますか。手書き看板は、新規集客に結びつけるための窓口の役割があります。さらに、既存客の囲い込みの役割もある事をご存知だろうか?自宅近くの焼き鳥居酒屋が実践している事例を紹介。

新規集客が出来ないと悩んでいる

手書き看板に、ストーリーを吹き込むと全く別の顔になる!

サロン集客ヘルパーとして、サロンに何ができるのか?そして、何が求められているのか?サロンは「利益を上げたい」のだと!サロンの利益をあげるために、私ができる事。考えて出したのが、こちら!サロンの手書き看板を書く事!下手でもいい。サロンの役にたてるなら!

白メガネのプライベート

スティーブ・ジョブズが残した「歴史に残る言葉」に激しく共感!

美しい女性を口説こうと思った時、ライバルの男がバラの花を10本贈ったら、君は15本贈るかい?そう思った時点で君の負けだ。ライバルが何をしようと関係ない。その女性が本当に何を望んでいるのかを、見極める事が重要なんだ。この言葉に激しく共感した為、自分なりにサロンの立場に言葉を置き換えてみました!

リピート集客に力を入れたい

デビュー後売れるスタイリストと売れないスタイリストの決定的な違い?

カットモデルを1回の方と、その後もコミュニケーション取っていますか?一度カットモデルをしてくれた方は自分のお客様。本当にそうでしょうか。一度食事に行っただけで彼女と言えますか。それでは、デビュー後苦労してしまうかも。では、どうしたら良いのか?

ネット集客の極意(美容室編)

いまさら聞けない!ネット集客ツールの種類・特徴は?

サロンにおけるネット集客ツールは、大きく分けて4つ。検索エンジン対策(リスティング広告・マップ・SEO)、ポータルサイト(フラッシュマーケティング・口コミサイト)、ソーシャルメディア(ツイッター・フェイスブック・ブログ)そしてホームページです。

ネット集客の極意(美容室編)

あなたの美容室のターゲットは誰ですか!?

あなたの美容室のターゲットは誰ですか?よくこの質問をすると、「20~40代の女性」と答える方が多いです。本当にそのターゲット設定で良いと思いますか?各年代によって髪に対する悩みは違います。あなたの美容室に来てほしいお客様はどんな人ですか。

ホットペッパービューティーで新規集客をしたいあなたへ

新規集客したい!でもすぐにホットペッパービューティーに登録するのは間違いかも!?

エステサロンのオーナーから、「入社したばかりのスタッフに新規集客をしたい」と相談を受けました。オーナーは、ホットペッパーに登録する事を検討中。一つの選択肢しか知らないと重要な事を見落としてしまうかもしれません。例えば休眠客の掘り起こし!

集客の基礎を知りたい

サロンのホームページが、検索エンジンになかなか上位表示されなくて困っていませんか?

美容室・エステのサロンオーナーから最近よく質問を受けます。ホームページを持っているのだけどなかなかグーグルやヤフーの検索エンジンで上位表示されない。どうしたらよい?その答えは、グーグルの検索エンジンの評価基準が変更になった事にあります。

集客の基礎を知りたい

あなたの美容室に通ってもらいたいお客様はどんな人?

美容室の集客を考える時に、切っても切れないのがターゲット層の話です。
美容室のオーナーに、「あなたの美容室のターゲットは、どんな人ですか?」と質問すると、決まって20~40代の女性で主婦やOLという回答が返ってきます。それだと物足りない。その理由とは!?

集客の基礎を知りたい

サロン集客をする上での原点となる考え方とは?

サロン集客を考える上で、私が1番大事だと感じている事をお伝えします。誰に向けて発信しているのか?何を発信しているのか?どの様なツールを使って発信しているのか?その結果、どうなりたいのか?この事を考えると、集客の方向性が見えてくるようになります。

新規集客が出来ないと悩んでいる

エステサロンの口コミにすすんでお客様が協力してくれる方法とは?

ホームページやブログに、どんなお客様が来店しているのか?告知する事は、非常に効果がある事は分かってる!でも…と考えているエステサロンのオーナー!ご安心下さい(^-^)/お客様が嫌がるポイントを消してあげればいいのです!